ナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



営業の人・仕事

「人・仕事を知る」MenuPage

人を幸せにする製品を売る、意義のある仕事

営業は、福祉施設や医療施設などに、弊社の入浴装置をご提案、販売する仕事です。既存客のアフターケアをしながらニーズを拾い上げ、製品をご提案することを基本に、展示会などのイベントに来られた方、新しくご計画されている施設に製品のご案内をすることも大切な仕事です。

営業の仕事

こんな方にオススメな職場です

  • 人を幸せにする意義のある職業に就きたい人
  • 自社オリジナルの製品を売る仕事がしたい人
  • 成長分野で、自分の能力を試したい人

『アマノ』は、特殊浴槽のパイオニアとして、一歩一歩着実に成長を遂げています。静岡県磐田市に本社を置き、北は札幌から南は福岡まで、全国14ヶ所に支店・営業所を展開しています。
弊社のモノづくりの特徴は、すべての工程において、経験を積んだエキスパートを軸に各部署が一体となって販売後のアフターケアまで行うこと。半世紀に渡る長い歴史で培ったノウハウ、技術、経験を活かし、どうすれば入浴者と介護者の負担をより軽減できるのか、常にお客様目線での製品開発に取り組んでいます。
小さいことですが、今まで2つの手間がかかっていた介助が、1つの手間で出来るようになれば、介助する方も受ける方も余裕が生まれてきます。こうした製品をご提案させていただく事の積み重ねが、介護現場への一助となればうれしい事です。入浴前は抵抗を示す方も、入浴されると目を閉じて安らいだり、笑顔になったりします。入浴はそれほど人を幸せな気持ちにさせる力があり、私たちの暮らしに密着しているのです。

求める人材像は、物事を論理的に考えられる方。ただ、やみくもに提案するのではなく、なぜこの施設でこのタイプの浴槽を必要とされているのかを理解して、気配りのある提案をすることが大事です。また、建築工事などとも関係してくる仕事なので、多少の専門用語は知っておく必要があります。知らない言葉が出てきたらすぐに調べて知識を増やす、そんな探究心のある方と一緒に仕事が出来たらうれしいです。

先輩インタビュー:村松 健太

企画から設計、製造、販売、アフターまでの一貫体制が魅力

出身は静岡県ですが、大学が東京だったので、関東圏の自動車メーカーを中心に50社以上の会社を訪問しました。Uターン就職は全く考えていなかったのですが、たまたま『アマノ』の会社説明会に参加して、介護浴槽メーカーのパイオニアであり、本社のある静岡県では70%のシェアを誇るという強みを知って、入社したいと思いました。
また、企画から設計、製造、組立て、販売、アフターまで自社一貫体制で取り組んでいることにも強く惹かれました。大企業のような組織の歯車として「営業マシン」になるのではなく、他の部署と連携しながら、一からお客様とお付き合いができて、販売後もずっとそのお付き合いが続いていくことに魅力を感じたのです。

先輩インタビュー:村松 健太
先輩インタビュー:村松 健太
1日の仕事の流れ

介護される人、介護する人の気持ちを理解して提案する

私の主な仕事は、高齢者施設、障害者施設などの福祉施設や病院などの医療施設を訪問し、弊社の介護浴槽をご提案することです。現在の私の仕事は飛び込み営業は少なく、既存のお客様を訪ね、お困りの事はないかどうか情報収集しながら、ニーズに合った製品のご提案をしています。
弊社が扱う製品は、自動車や電化製品などと違い、介護浴槽という特殊なものなので、ただ「これを買ってください」と強引に売り込んでも相手にしてもらえません。介護を受ける人と介護する人、両者の気持ちを考慮した上で、お役に立てる製品を提案することが大事。そのためには、“売らない営業”というか、日々の地道なコミュニケーションを通じて、徐々に信頼関係を深めていくことが大切です。 身体が不自由で、普段なかなかお風呂に入れない人がスムーズに入浴できる。その喜びは計り知れないものがあります。「人を幸せにする仕事」に携わることができる、それこそが『アマノ』の営業の醍醐味だと思います。

思いやり、粘り強さ、前向き、素直さが必要

先輩インタビュー:村松 健太

どうしても弊社の製品を導入していただきたい施設があったのですが、ライバル会社がすでに入っていて、何度営業に行ってもお話がすすみませんでした。そこで、社長の趣味嗜好をスタッフの方からお聞きして、社長の大好きな焼酎の勉強をしたんです。すると、「君、よくその銘柄知ってるねー。僕の一番好きなお酒なんだよね。」と社長から話をしていただき、そのまま取引させていただくことになりました。それ以来、ずっと可愛がっていただいています。『アマノ』というよりも、「村松だからお願いしたい」と、私の人間性を認めていただいたことが嬉しかったですね。
この仕事に必要なのは、思いやりの心と粘り強さ、大変なときこそ明るく頑張れる前向きな姿勢、わからないことは何でも聞いて、知識を増やしたいという素直さです。私にも直属の後輩が入って来るので、自分のことだけでなく、きちんとサポートできるよう、もっともっと成長しなければいけないと思っています。