ナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



医療機器事業部の人・仕事

「人・仕事を知る」MenuPage

安全で安心な製品の提供と医療を通じて社会に貢献

医療機器事業部は医療機器の開発、設計から製造、品質保証、修理までを担当しています。
そのなかで、開発設計課は主力製品である内視鏡洗浄消毒器の設計が主な仕事です。 内視鏡洗浄消毒器とは、医療機関における感染の防止を目的とした、内視鏡検査で使用される内視鏡をリプロセス(再処理)するための装置です。 内視鏡検査によって患者や医療従事者はヘリコバクターピロリやMRSAなどの感染に晒されるリスクがあるため、内視鏡を洗浄する当社製品は、患者・医療従事者が安全で安心な検査が受けられるよう、確かな品質が求められます。 近年の内視鏡はより高度な観察、治療ができるよう日進月歩で技術開発が行われています。内視鏡の構造の複雑化に伴い、当社で製造する内視鏡洗浄消毒器についても常に研究を怠らず、進化していかなくてはなりません。

医療機器の仕事

こんな方にオススメな職場です

  • チャレンジ精神のある人
  • チームワークでモノを作るのが好きな人
  • ものごとを柔軟な発想で考えるのが得意な人

当社は静岡県西部でも数少ない医療機器を製造販売するための、第2種医療機器製造販売業、医療機器製造業、販売業、修理業の各種業許可を取得しています。 また、医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格ISO13485の認証を受けている企業です。医療機器は医薬品医療機器等法(「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」)などの法規制や、各種安全規格への適合、品質マネジメントシステムなどの規制があり、それらを順守し業務を行っていくことが要求されます。

開発設計課は単に製品を設計するだけではありません。製造上や市場で不具合等が発生した際には、各部署と連携して対処にあたり、技術上の最後の砦となり頼りにされ、自ら生み出した製品に対しての責任を担う部署です。
設計者は「やる気」と「やり切る」ことが重要です。何事にも自ら関心や興味を持ち「やる気」になって取り組み、そして最後まであきらめずに「やり切る」ことです。
当社はチャレンジできる風土のある会社です。手ごたえを感じつつ日々成長を実感できると思います。

先輩インタビュー:杉村 一磨

高齢社会に必要不可欠な製品

大学在学中に医療機器関係の研究をしていたことから、医療機器を取り扱う業界に興味がありました。そのなかでも、介護浴槽や内視鏡洗浄器という今後の高齢社会で必要不可欠となる製品の開発に携われる点に魅力を感じたこと、また会社説明会や入社試験時の丁寧な対応が決め手となり、アマノを志望しました。

先輩インタビュー:杉村 一磨
先輩インタビュー:杉村 一磨
1日の仕事の流れ

自分が設計した部品がカタチになった嬉しさ

私は現在、医療機器事業部に所属しており、内視鏡を洗浄する消毒液の濃度を測定する濃度計の開発に携わっています。 実際の濃度計を用いた濃度測定や、消毒液を入れる容器の透過率測定、外部研究所と連携して濃度の測定に適した光源や受光部といったセンサ類の検証業務を担当しています。 また、内視鏡洗浄器の製造に使用する治具等の図面を作成することもあります。実際に自分が設計した部品が製品に使われることが決まったり、測定した結果が自分の予想通りだったりした時に達成感や喜びを感じますし、 自分が知らなかったことを知る瞬間や、自分が行っている業務が先輩や同僚のサポートとなっていることを実感したときにも面白さや、やりがいを感じます。
医療機器という、人命を預かる機器の設計に関わっているので、医薬品等に関する知識や、洗浄対象の内視鏡の構造など、細部にわたり覚えることが多く苦労する面もありますが、それを乗り越えてやり遂げたときに感じる達成感はなにものにも代えがたいと思います。 私が設計した、「消毒剤を洗浄器に投入するためのロート」が承認され、カタチになり、お客様のもとに届いたときのことは忘れられない思い出です。
スムーズに仕事をしていくためには、体力や気力の充実も重要です。生活のメリハリが、仕事のクオリティにも反映されると思います。アマノは有給休暇が取得しやすい点も魅力です。 開発・設計関連の部署にも多趣味な先輩がたくさんいます。バンドを組んで音楽を楽しんだり、ガーデニングで自宅の庭を華やかにしたり。個人的には、バイクに乗ることが好きなので、最近購入したばかりの新しいバイクで遠出する計画を練っています。

根気強さも大切

先輩インタビュー:杉村 一磨

どのような仕事にもいえることですが、人とのコミュニケーションが重要だと思います。 私自身、仕事を任されたときに疑問点はその場で必ず確認し、内容を十分理解したうえで取り組むことを心がけています。
医療機器の開発に関わる仕事であるため、ときには、思いもよらぬさまざまな問題が発生します。そういった問題に対して、解決策が出るまであきらめずに根気よく正面から向き合えるような人がこの仕事には向いていると思います。