ナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



開発部の人・仕事

「人・仕事を知る」MenuPage

センスと思いやりの心で、誰もが使いやすい製品を開発

開発部の設計課は、主力製品である介護浴槽を設計するのが主な仕事です。一方で弊社は販売後のアフターメンテナンスにも力を入れており、技術課はこれからお使いいただく製品の設置作業や、すでにご利用されている製品の修理及び、メンテナンス等が主な仕事となります。
それぞれが違う仕事内容ではあるのですが、製品の開発・市場投入から先にある、「お客様の声」は、開発と技術が一体となり活動する事で、初めてフィードバックされた形として表す事が出来ます。 製造から販売までの一貫体制とはよく聞く言葉ではありますが、一貫体制のメリットを最大限に活かす為、開発課だけではなく、技術課だけでもない、双方が知識と情報を共有しモノづくりに取り組んでいます。

開発の仕事

こんな方にオススメな職場です

  • 人とは違う、オンリーワンの製品を作りたい人
  • チームワークでモノを作るのが好きな人
  • ものごとを柔軟な発想で考えるのが得意な人

介護者の多くが女性という現状を踏まえ、弊社は女性目線から見た設計を大事にしています。例えば、介護現場で最も多い悩みが「腰痛」というデータをもとに開発されたのが、浴槽が上昇し担架が下降する「Wアクション浴槽」。浴槽のフチ高を約93センチにすることで、介護者が自然な姿勢で介助を行えるようになりました。
長年使われてきた確かな技術と、ユニバーサルデザイン、イノベーションを組み合わせることで、より使いやすく、高い信頼性を持つ製品を開発し続けています。

設計は「経験」がモノを言う仕事です。作り手側の都合で、ただ浴槽を作ればいいというものではありません。介護現場をどれだけ知っているかによって、製品の完成度が違ってきます。入浴者、介護者それぞれの気持ちを理解し、いかに両者にとって使いやすい製品を作れるか、それが設計士の腕の見せ所。そこで必要となるのが、センスと「思いやりの心」です。
介護浴槽の目的は入浴することであり、私たちが作る装置はあくまでも脇役に過ぎません。だからこそ、空気と同じように無意識に利用できるものが望ましいのです。
介護現場の環境が変化すると同時に、介護の仕方も変わってきています。時代の流れを敏感にキャッチしつつ、お客様の要望にマッチした製品を提供していくことが大事。自社一貫体制の『アマノ』は、特に設計がすべての工程に関与してくるので、「自分たちはいまモノを作っているんだ!」という手応えを感じながら仕事に取り組めるはずです。

先輩インタビュー:高橋 勇人

企画から仕上げまでの全工程に関わる重要な仕事

もともとモノづくりが大好きで、大学では機械工学を学びました。『アマノ』を志望したのは、製品の企画から設計、製造、組立、販売、アフターメンテナンスまで自社一貫で行い、その技術力と信頼性が世界屈指の医療機器メーカーにも認められていると知ったからです。
大企業だと、製品のほんの一部しか担当させてもらえない設計士が多いと聞きますが、弊社の場合は企画の段階から設計士が関わり、若いうちから責任のある仕事を任せてもらえます。また、介護浴槽の専門メーカーならではの「やさしさ」と「思いやり」を大事にするという人間味のある社風にも魅力を感じました。

先輩インタビュー:高橋 勇人
先輩インタビュー:高橋 勇人
1日の仕事の流れ

自分が設計した商品が世に出て、利用者に喜んでもらえる

私は開発部の設計課に所属しています。現在は、CADで製品の図面を描く仕事をメインに、新しいプロジェクトの会議にも参加しています。営業やマーケティングのスタッフから現場の要望が届き、それを先輩たちと検証し、ニーズに合った製品を作り込んでいきます。
仕様の決まった規格製品ではなく、0からプランを考える仕事は、苦労はしますが、それ以上にやりがいを感じます。自分たちがアイデアを練って設計した製品が世の中に出て、実際にそれを使ったお客様に喜んでいただけるのは、大きな喜びと達成感があり、設計という仕事がますます好きになりました。
弊社のモノづくりが他社と違うのは、デザイン、技術、品質の中に「やさしさ」が加わること。思いやりの心を持って設計しないと、お客様に満足していただける製品は作れません。図面を描けば描くほど、それが『アマノ』のモノづくりの原点なんだなぁと実感します。

20年後も楽しいと思えるような仕事を選ぼう

先輩インタビュー:高橋 勇人

会社の雰囲気は明るくて楽しいですね。わからないことがあれば、先輩がとことん教えてくれるので安心です。自分の好きなこと、やりたかったことを仕事にしているので、毎日がとても刺激的で、充実しています。
今後の目標は、早く一人前の設計士になって、新しいプロジェクトの中心的存在になること。先輩たちのように、アイデアが豊富で、全ての方向から製品づくりを考え、よりお客様が使いやすく、喜んでいただけるような介護浴槽を提供していきたいと思っています。
学生のみなさんにお伝えしたいのは、10年後、20年後も自分が楽しいと思えるような、仕事を選ぶべきだと思います。それが結果、人を喜ばせる事につながるんだと思います。