ナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ビジネスビジョン

「会社を知る」MenuPage

常に意識すること、それは、
利用者と使用者の立場に立つこと

当社は、1966年に創業し、日本で初めて介護用入浴装置を開発して以来、業界のリーディングカンパニーとして活動してきております。また、内視鏡用洗浄消毒装置も日本で初めて開発し、現在、国内外の多くの病院で使用されております。

本社は、日本有数のもの作り産業の中心である静岡県西部に拠点を置き、周辺企業が持っている機械工学、電子工学、ソフトウェア工学と協力し最新のテクノロジーを製品に反映させながらもの作りを行っております。
また、全国14カ所に営業拠点を配置し、お客様のご要望に沿った製品提案や、きめ細かなサービスを心がけております。

「やさしさをかたちに」をモットーに、利用者や使用者の立場に立った製品開発を常に意識し、安全・安心な製品開発を心がけています。

進む高齢化社会に向けてより強い開発力・営業力を備える

進む高齢化社会に向けてより強い開発力・営業力を備える

日本は高齢化、出生率低下の中、世界では類を見ないスピードで高齢化社会へと進んでいます。
我が国では、社会全体で高齢者を支える仕組みとして2000年に介護保険が導入されました。軽い自己負担で身の回りのサービスを受けられる制度で、500万人の方々が利用しており、持続可能な制度にするために、3年毎に利用条件や給付額の見直しが行われております。

介護保険が導入されて以来、数多くの企業が介護ビジネスへ参入し厳しい競争が続いていますが、当社は、この10年で売上規模では2倍となり、この業界の中では、極めて高い成長率を誇っております。そして、福祉機器、医療機器のマーケットは、これからも市場拡大が期待されます。

現在、当社の成長を加速させるために、開発投資、設備投資、人的投資を積極的に行っております。今後、ますます進む超高齢社会に向けて、より強い開発力、営業力を目指し取り組んでゆく所存です。

企業を成長させるため必要な
新しい発想と行動力を持つ若い人材

株式会社アマノ 代表取締役 天野哲夫

世の中には本当に様々な業種があり、大企業だけなく、中小の会社でも独自の技術を持ち世界と戦っている企業もたくさんあります。学生のみなさんもできるだけ多くの会社を知る機会を持ち、悔いのない就職活動を行って欲しいと思います。

当社はリーマンショク以降も、新卒者の定期採用を進めており、毎年、開発部、営業部に若い人材が入社してきております。企業は現状維持では衰退を意味し常に成長していかなくてはなりません。そのためには、新しい発想、素早い行動力を持った人材が中心となり、会社を牽引していく必要があります。
是非とも我々の仲間になって、日本の高齢化社会を支えていきましょう。